肌のトラブルは皮膚科で解決!シミ取りもしてくれるクリニック

タイプを使い分ける

足の裏

飲むタイプとつけるタイプ

皮膚に何らかの病気があるとき、皮膚を直接治療することが多くなるでしょう。比較的多くの人がなる病気として水虫があります。足の指先であったり指と指の間などにかゆみが出てくる病気です。カビの一種である菌が繁殖しているために起きるので、このカビをなくすための薬を塗ることが多くなります。ドラッグストアで売られているのは塗るタイプになるでしょう。ただし、塗る以外での治療が必要なこともあります。爪にできる水虫の場合には、飲むタイプの薬を利用しないといけない場合があります。こちらはドラッグストアでは購入することが出来ません。皮膚科を受診して、処方箋によって購入しないといけません。その他、抗生物質が必要な時も、皮膚科の受信が必要です。

菌を殺すために使う

体にはいろいろな菌があるとされています。体にとって良い菌もあれば、あまりよくない菌もあります。良くない菌が広まると、病気になることもあります。体に付く菌として水虫菌があります。非常に小さいですから、足の間に動いている様子がわかるわけではありません。医療機関などで調べてもらうと、菌がいることがわかることもあります。かゆみや痛みが出るだけでなく、感染することもあります。ですから早めに薬を使って水虫菌を殺す必要があります。既に薬に必要な成分などはわかっているので、それが入っているものを選ぶとよいでしょう。世界的に知られている成分もあれば、特別な菌に対応するものもあります。一定期間使用し続けることで治すことが出来ます。